自動車保険とは?本当に必要?

自動車保険は本当に加入しなくてはいけないのか?ただでさえ自動車を維持するには費用がかかるのに、この上費用がかかると生活費に影響すると思う方は多いはずです。大体において、自動車保険は事故を起こした時に必要なわけで、ちゃんと注意して運転していれば要らないんじゃないの?と言う方もいます。果たして本当にそうでしょうか?自動車保険とはどのように自分に必要で、本当に加入が必要なものなのでしょうか。

 

自動車保険とは?義務と任意

自動車保険とは、大きく分けると2つあります。自動車を運転する人が<義務>で入る<自賠責保険>と、<任意>で入る<任意保険>です。自賠責保険は入る義務があり自動車損害賠償保障法で決められているので、入らないと罰則があります。任意保険はドライバーの自由意志になりますが、現実的には義務である自賠責保険でカバーできる範囲は微々たるものなので、事故やその他のトラブル時には全てが自己負担ということに近くなります。そのため、会社に車通勤している方などは、会社の方から任意保険に加入しているかなどの確認を求められたりもします。

 

自動車保険に入る意義

自動車保険に入るということは、どうしても金銭的なことが関係してきます。車の持ち主としては、維持費として発生する金額は少ないほど嬉しいのが当たり前ですね。考えてみれば「万が一事故を起こしてしまったら」と考えているより、積極的に「事故は起こさない」というスタンスで車に乗るものですから、万が一なんてあり得ない。つまり、保険なんて必要がないというわけです。

しかし、本当に万が一はあり得ないでしょうか。自動車の事故は自分の過失だけでなく、周囲の不注意などでも起こりえます。死亡事故の場合は賠償金額が3億円を超えたりもするのですから大変な金額ですね。車のユーザーが必ず加入する強制保険である自賠責保険は、この観点からも加入が義務付けられているのです。ところが、自賠責保険だけでは最低限の補償しかなく、対人賠償死亡の場合3000万円など限度額の上限は現実的な補償のカバーにはならないでしょう。そこで登場するのが色々な面でカバーができる任意保険です。

自動車保険に入る意義とは、自分の運転技術を過信せずに、自分や周囲に対する責任を全うするものといえるでしょう。

 

自動車保険の機能色々

自動車保険というと、純粋に車の事故に対する補償というだけのイメージがありますね。任意保険だと保険会社も色々と工夫していて、色々な補償を付ける事ができます。事故などの場合に相手と直接交渉せずに済むものや、自転車での補償をオプション付けられたりもします。また、事故だけでなく、車のトラブルにかけつけてくれるロードサービスをつけられるものも。自分のカーライフに便利で必要な自動車保険の機能をチョイスして加入していきたいものです。