保険会社選びの注意点

自動車保険を選ぶ際には、やっぱり保険料が安くて補償が充実しているところを探しますね。でもCMなどで好印象だったり、保険料が安かったりしても「この保険会社で大丈夫かな?」など心配はあるものです。そこで、保険料が安いかだけでなく、他の視点で保険会社を選ぶ注意点を把握しておきましょう。サービスや万が一の対応、せっかく安い保険料だと思ったのに、継続したら高くなってしまうタイプなど色々あります。

 

第一は補償や対応

自動車保険会社を選ぶにあたって、第一の注意点は「保険料の安さに惑わされない」でしょう。本来の目的である補償やサービス、万が一の対応が何より大切なのです。保険料が安いのが良いというのは、同じ補償である場合にということなのです。事故対応はとても大切で、24時間365日受付を打ち出している保険会社がほとんどですが、対応もすぐしてくれる保険会社が安心ですよね。実際通勤などで車を使用する方は、保険会社の事故対応時間をチェックして加入したいところです。

また、ロードサービスも大きなポイントです。契約者によっては不要と思われる方もいらっしゃいますが、JAFの会員にならずにこれがあればというのも人気の一つです。ただし、同じロードサービスといっても各保険会社で中身が違うので、選ぶ際には注意が必要なのです。

 

通販型か代理店型か

保険会社には通販型と代理店型があります。保険に詳しくない場合は、代理店型で担当者がある程度お膳立てしてくれるタイプが良いでしょう。見積りについて、分かりそうで分からない保険用語などの解説を盛り込んでもらうなども可能です。もっとも、担当者が優秀で誠実であれば圧倒的に代理店型なのですが、そうでないと保険会社の中間コストがプラスされた高い保険料の分損をした感じがしてしまいます。通販型の最大のメリットは中間コストを省いた保険料の安さですが、担当者を招いたり店舗に出向いたりしなくて良いというのもメリットです。保険用語や内容の知識さえあれば、忙しい方や人と会うことで疲れてしまう方などは嬉しいところです。

 

保険料が安さは継続時も?

「この保険会社は保険料が安い!」と思って加入したら、2年目からの継続時には高くなってしまった・・・というようなトラブルがあります。安さで加入した方には、ちょっとショックな継続になってしまいますよね。しかし保険料というのは、等級が上がっていけば安くなる一方というわけではありません。年齢や免許の色などでも継続時に変わっていきます。また、保険料を計算するための「料率」という係数がありますが、これが見直しされて上がると、同条件でも継続時に保険料が上がってしまいます。

また、インターネット割引というのも要確認事項です。セゾン自動車保険の大人の自動車保険のように、毎年1万円のインターネット割引というならば問題はないのですが、新規加入や乗り換えの場合は割引が高いのに、翌年から割引が極端に少ない場合があります。割引が少ないということは保険料が上がってしまうということになります。例えば、チューリッヒ保険などは新規契約で年間保険料が8万円以上であれば12,000円のインターネット割引が可能です。が、継続時には保険料に関わらず一律1500円。この差は大きいですね。等級割引などで継続時割引が多くても、差が埋められずに総保険料は上がってしまうわけです。