自動車保険の一括見積り

保険自由化によって、自動車保険は選びがいのあるものになりました。より良い保険を選んでいくために、各社見積もりを取って比較検討していくことは必要でしょう。しかし見積収集段階でなかなか踏み出せない方もいます。それは、一社一社電話や封書などで見積もり依頼して、返事を待ってから説明を受けるために問い合わせて・・・など、とても手間がかかるものだからです。しかも、同補償同条件での比較が見積もり様式が違うと困難でしょう。そこで登場したのが自動車保険一括見積もりです。

 

一括見積りをするメリット

昔は保険料も各社変わらなかったのですが、今は保険会社各社比較するに値する保険料です。もちろん保険料が安ければ安いほど良いわけではないので、同じ補償・条件下での比較が必要になります。同一条件を一社一社違う様式に入力したり、書類に書き込んで投函というのも面倒ですし、担当者を呼んだり出向いたりというのも時間を要します。一括見積りならば、こうした面倒さも時間も要らず、短時間で見積りを出したり依頼することができます。労力半減・時間に縛られないということで、忙しい方などにも初めの一歩が踏み出しやすいでしょう。また、数社比較することで、今までの保険料と比較して「こんなに安くなるの?」と驚くこともあるかも。高ければよい保険とは限らないのを、補償や条件を確認しながら見ていくことができます。

 

一括見積りのデメリット

一括見積りで気軽に入力したら、電話や訪問やダイレクトメール攻勢があるのではないか?というのが心配ですよね。一括見積りでも個人情報を入力しなければいけない場合もあるので、尚更しつこい営業などがあったらと躊躇してしまいます。もちろん保険会社も営業があるので、見積り依頼があれば動かない手はないというのは当然。そこで、一括見積りの時には個人情報の扱いをチェックして、見積り回答をメールのみにしておくことです。不要な電話や訪問を避ける手段になります。

一括見積り時には、メリットとしては同補償同条件で比較することが出来る点ですが、保険各社補償やサービスが統一されていない部分があります。特約が含まれている補償やセットになっているもの、車両保険で区分や補償範囲が保険会社によって違ったりなど、全くの同補償同条件にはならないところがあるからです。ここは一括見積りとしては、入力条件に一番近い部分を選択することになります。保険会社独自のオプションなどは見積もりに入れられないということもあるので、含まれない部分を加味しなければなりません。

また、一括見積りと比較をする際に、基本的な保険用語は知っておきたいところです。ちょっと自信がないなという場合は、自動車保険会社のサイトなどで基本用語集などアップしていたりするので、見ながら自分のニーズに正確に反映するようにしましょう。

 

一括見積りが利用できないことも

一括見積りは大抵の方に利用できるものですが、利用できない場合もあります。まずは契約者が法人の場合もNGです。満期日が過ぎてしまっている場合や、満期日が本日から2日以内という時間が無い場合はNGです。逆に満期日まで90日以上あるという早すぎる場合もNGです。一括見積書を取得するために、PDF表示が必要になることがあります。PDFを表示できることを確認しましょう。

車自体が特殊である場合、例えば改造車や、8ナンバーや1ナンバーは見積りができません。あくまで標準比較ということなのです。

 

一括見積りのための準備をする

一括見積りのための準備をしましょう。最初にパソコンなどインターネット環境と、サイトの選択です。次に書類を用意します。既に保険に加入している場合は、保険会社からの更新案内や契約情報が必要です。車検証もしくは売買契約書とそれらに書かれているメーカー・車名・型式・初度登録年月などの情報。自分の年齢や免許証の色などはOKですね。