保険料を安くするためのポイントは?

人間が完璧で絶対事故など起こさず巻き込まれず、ということであれば良いのですが、そうもいかないのが現実。ということで、任意保険は有効的に入りたいものです。もっとも、便利で色々な面を網羅しているとあって高額になりがちな保険料は、家計の打撃になりやすいもの。なんとか保険料を安くしたいところです。そこで、安くするためのポイントを押さえておきましょう。保険加入の際に「本当にこれで契約して良いのかな?」と見直す時にも良い知識になります。

 

第1ポイントは車両保険

第一に保険料を安くするポイントは車両保険です。まずは大切な対人・対物賠償などの基本的なところに手をつけるよりも、最初は任意保険料の大半を占めてしまうところから検討しましょう。車両保険をつける意味というのは、そもそも自分の車が高級車であるとか、とても大切な場合です。バンパーが凹んでもサイドを擦っても修理をするつもりもない車などは、高い車両保険をつける意味があまりないのかもしれません。というのは、例えば全損であっても、車両保険でその車が再び買えるというわけではないからです。「低価格で直せるなら車両保険を使うよりも自費で直す」という方針の方には、免責金額を設けて車両保険を安くすることもできます。このようにする理由は、車両保険は使用してしまうと次回の保険料が高くなるからです。

また、車両保険は一つではなく、一般車両保険やエコノミータイプなど補償範囲が異なるコースがあります。「ここまでの補償範囲は要らない」と思ったら、エコノミータイプなどにすれば保険料が下がっていきます。

 

第2ポイントは運転者限定条件

保険料が下がるというのは、保険会社にとってリスクが少なくなるということです。「運転者限定条件」というのも、色々な人がランダムに乗るほうが運転技術のバラツキにも繋がり、リスクが増すという判断のもとなのです。一番保険料が高くなるのが「限定条件なし」です。これなら家族以外の人にも運転してもらえて便利ですが、保険料は高いというマイナス面があります。順に家族のみ、夫婦のみとなって、一番安い設定が「本人のみ」となります。一番安い本人限定にしても、本人以外が運転した場合の保険金は支払われないので注意したいところです。

 

第3ポイントは年齢条件

運転する人の限定条件の他に、「年齢条件」も保険料を安くするポイントの代表です。一番高いのは免許取りたてくらいの20歳未満が全年齢条件で、保険料割引がありません。しかし30歳・35歳以上などに区分されて保険料が割り引かれているので、ご夫婦で乗られている方などは年齢を意識して契約しましょう。区分は保険会社によって違うこともあるので確認して、家族の運転者の一番下の年齢の方に合わせます。子供が等級も年齢も低い場合は、親の等級を引き継いで安くしてあげることもできます。

 

第4ポイント走行距離

「周囲にちょっと買い物に出るくらいにしか乗らない」という場合などは、年間の走行距離は微々たるものです。そこで、走行距離が短い方には「走行距離の割引」がある保険会社で契約したほうが断然保険料は有利です。走行距離の区分は保険会社で設定が違いますが、どちらかというと細かい区分の方が短い距離の方には良いでしょう。距離がオーバーしてしまった場合などのフォローも見逃さずに。

 

第5ポイントはインターネットや支払い方法

通販型保険などは、インターネットや電話などで見積りから契約ができますが、インターネット割引などがあって、しかも数百円というような割引ではなく1万円とかだと見逃せない保険料を安くするポイントになります。

また、保険料の支払い方法も月払いよりは年払いのほうが安くなります。

 

第6ポイントは余計な特約を外す

任意保険は強制保険と違って便利で安心できる補償や特約がいっぱいです。しかし、客観的に「これは良い特約だ!」と思っても、本当に我が家のニーズに合っているか、どうしても必要な特約なのか・・というと疑問が出てくるところがあるでしょう。例えば他の保険でカバーしているような特約は要らないわけです。医療系のものは、生命保険でカバーされていないか見直しですね。育英費用特約というのも、学資保険などをかけていらっしゃる方には不要だと思います。車があまり必須でない土地柄であれば、代車特約も要らない場合が。弁護士費用も、相手が100%過失の場合は自分に知識があって動ける場合には要らないでしょう。

必要な特約は、我が家のニーズに合っているものと、割引が期待されるものです。費用がかかる特約は、本当に我が家に必要なのかを今一度考えて削減して保険料をスマートにしましょう。