自動車保険の見直しをしよう

自動車保険は同じ補償なら安い保険料が良いのですが、代理店型などだと「前年度同条件でよろしく」と一言で済ませてしまったりします。前年度に何事もなく、無難だったなという感想を持っていると、このパターンは多いですね。しかし、そんな「前年度同条件でよろしく」というパターンにも変化が出てきます。保険料がもっと安くならないかという観点の他に、自動車保険の見直しは家族の変化やニーズに合わせたりしても変わっていくところでもあります。さて、どんなタイミングで、どのような点に気を付けて見直していけばよいのでしょうか。

 

保険の見直し項目

保険の見直しを考えるにあたって、どんな項目があるかを自分や家族のニーズに照らし合わせて考えていきましょう。まずは現在の保険に不足がないかどうかです。保険料節約といっても、万が一の時にあれもこれも補償されないでは本末転倒です。例えば対人・対物賠償などで制限をつけているなら「無制限」に変更したり、自分や同乗していた人に怪我などがあった場合の補償がついているかもチェックのしどころです。せっかくの任意保険なので、強制保険には無い便利なサービスも注目です。代車費用やロードサービス、弁護士費用特約、ゴルフセットなどを積んでいる方は身の回り品担保特約なども良いでしょう。

 

ニーズによる保険の見直し

車を乗り換えた時などは、保険料の中でも大きく幅をとる車両保険の見直し時です。新車ならば新車特約、車両にお金をかけるか掛けないかでも保険料が変わってくるでしょう。夫婦で車に乗っている場合は、夫婦の年齢と等級が進むと保険料が安くなっていきます。その間にはゴールド免許も取得していることでしょうから、ゴールド免許割引も可能になってきます。そのうちに時が進むと、子供が赤ちゃん期を終えて妻が車で通勤するようになった場合などは、車の用途を「レジャー・日常」から「通勤通学」に変更しなければなりません。ここでも保険の見直しは必要となります。子供が大人になって車の免許を取得して乗るとなると、年齢条件等の見直しも出てくるでしょう。等級の引継ぎも出てくる可能性もあります。

そして、親がシニア世代になった時には、一旦年齢条件で安くなっていた保険料が再び上がってくることになります。年齢に伴う安全運転という観点からも、保険の内容の見直しの時期になっていきます。

 

見直しと保険乗り換えタイミング

自動車保険の見直しは、内容だけでなくタイミングも重要です。保険の見直し内容がおよそ決まったら、見積りをとって比較したり、説明を聞いたりしてみましょう。最近はインターネット上で見積りを取ることもできるので、手間は昔より半減していると思います。

あとはタイミングの問題です。自動車保険は一般的に1年で更新するので、その間無事故であれば更新時に等級が一つ上がって次回の保険料が安くなるという仕組みになっています。等級は見直し後の保険会社でも引き継ぐことができます。しかし、この1等級アップのための1年間無事故期間は引き継がれないというのが盲点なのです。満期前、あと少し無事故なら等級アップになるという時でも、新しい保険会社では次回等級アップまで1年無事故で待つことになります。つまり、保険の乗り換えの際には等級がきちんとアップしてからというのがお得なのです。もっとも、満期になってから「さぁ保険の乗換を考えよう」というのはちょっと遅くて、前契約の満期日翌日から7日以内に乗り換えすることが必要です。放っておくとその間保険がないというだけでなく、等級を引き継げなくなってしまって損になります。とはいえ、事情があって車に乗らない時期が長くある方もいらっしゃいます。保険もお休み。そんな場合は等級の「中断手続き」をする必要があります。保険会社から「中断証明書」などを発行してもらい、次回保険に加入する際に提示すれば引き継ぐ事が可能です。