保険会社によって事故対応違う?

自動車保険の保険料が保険会社によって違うことが分かったなら、後は気になるのは「事故対応」でしょう。何しろ、万が一の事故のために高い保険料を払うのです。補償のためだけでなく、相手との交渉や補償の手続きなどがスムーズに進んで欲しいものです。事故を起こした当初が一番不安ですし、色々指示してくれたりして欲しいですよね。保険料だけではなく、肝心の事故対応でも保険会社を選びたいところです。

 

保険会社によって事故対応違う?

自動車保険や事故対応について自分があまり詳しくないという自覚があるのなら、保険会社は慎重に選びたいところです。そこで、加入する前には見積りを取ると同時に事故対応も把握しておくべきでしょう。「でも、どこもそれなりに同じような対応では?」と思われるかもしれませんが、実はわずかな違いでも大きな違いになるのです。言葉の意味合いも大事になってきます。一口に「事故当日対応」となっていても、当日もある程度の時間になると実際の対応が翌日以降であったり、担当者が事故解決まで同じ人とも限りません。事故当日の対応、いつでも何時までか、専門の知識をもっているのか、その後の自分への指示も含めて、自動車保険会社を比較してみると見えてくるでしょう。

事故対応保険の種類としては「特約」として「弁護士費用等補償特約」「事故時代車費用特約」など用意している自動車保険もありますから、見積り時にチェックしておきたいところです。

 

事故対応・一番初めは迅速さ

事故に合ってしまった場合、一番初めに思うことは「誰か来て!」ということではないでしょうか。警察や身内、保険の担当者。気が動転している自分に今何をすればいいのか教えてくれる人。保険会社も迅速な対応をアピールしている会社はたくさんあります。大抵は「365日24時間事故対応受付」としているでしょう。これは心強いとユーザーは思いますよね。でも、実際は「受付」と「対応」は違うのです。日本語の難しいところかもしれませんが、「受付」だけなら大抵の保険会社がしてくれるでしょう。しかし「対応」となると休日や深夜早朝などはすぐというわけにはいきません。代理店などは、代理店に電話をしたところで、深夜などはすでに会社の電話は留守電でしょう。

最近はインターネットで事故受付をしていたりするので、緊急性の高いものはネットでその後の経過や確認までできたりします。電話対応は代理店型であってもサービスセンター(または事故対応センター)などを設置してあり、そちらで対応ということになるでしょう。拠点が多ければ迅速な対応が期待されるのですが、ロードサービスや代理店の数まで入れていると、実際の事故対応の迅速さの目安にはならないですね。

 

事故対応・体制は?

事故対応の際の保険会社の「体制」も気になるところです。電話をするたびに担当者が変わってしまって、言っている事が違っていたりしても困りますし、担当者がコロコロ変わって最初から話をするなんていうのも嫌ですね。そこで、「1事故1名の担当者」「チームで対応」など色々と打ち出しています。もっとも対応といっても、担当者が責任を持ってといっても、担当者が現場に駆けつけてくれるメリットはユーザーの安心感だけです。特に何ができるわけでもないので、本当に必要なのは知識とその後の対応になるのです。

 

例えば保険会社の事故対応

事故が起こった場合の受付と事故対応は別物といわれています。担当者の訪問や体制も保険会社によって違うので、加入する場合には要チェックの一つですね。例えば、CMでも盛んに24時間365日受付を押し出しているソニー損保は、確かに受付はその通りですが、当日対応は平日・土日・休日に関わらず0時から20時に事故受付が完了したソニー損保が示談交渉できる賠償事故に適用されます。しかし意外に面白いのが、スマートフォンアプリのトラブルナビ。事故直後どうしたらよいのか、事故の相手のどんな情報を確認すればよいのか、救急や警察への緊急連絡先まで網羅しています。さらに、ロードサービスを呼ぶのにGPSを使っているので、知らない土地で起こった事故でも便利ですね。ソニー損保の契約者限定でGPSでロードサービスを呼んでからどこまで来ているのかも追跡できる機能も新しく打ち出しています。専任担当者を早期に決定してくれるのも安心といいます。

代理店型の損保ジャパン日本興亜は、そんぽ24と連携しています。やはり24時間365日年中無休事故受付。土日祝日も初期対応をして、24時間対応を可能としています。対応は専任担当者。必要な事故にはロードサービスで対応になります。

当日対応の時間については、保険会社の対応のイメージに繋がるせいなのか、大きく明記していないことが多いです。ソニー損保などは小さくてもホームページに載せているだけ良心的といえるでしょう。万が一の事故があってからビックリの対応ではなく、契約時に「対応は大丈夫?何時まで大丈夫?」と確認しましょう。夕方から夜間にかけて運転する機会のある方は、早い時間区分で締め切りの保険では心配ですね。