新しい保険会社の形・ネット通販

新しい保険会社の形!といっても、ここ1~2年のことではなく、1997年にアメリカンホームダイレクトが初めて日本で通販型保険を販売したことから始まっています。新しいタイプの保険=ネット通販などの直販型は、そこからぐんぐんと伸びて現在はCMも盛んに見かけるようになり利用者も増えています。さて、直販型の便利でよいところは?利用を足踏みしている方の不安だと思う場面は? 一つひとつ検証していきましょう。

 

通販型のメリット

通販型の最大のメリットは保険料の安さです。代理店型では担当者をはじめとする中間コストがかかりますから、どうしても保険料は割高になってしまうのです。それに加え、最近は自分や家族の時間を大切にする方も多く、無駄に人と会わずになるべくインターネットで済ますという方も多いですね。そこは保険だけでなく普段の買い物などでも同じでしょう。

 

通販型の利用を足踏みする理由と不安解消

これまで自動車保険は「代理店型」といって、日本の大手保険会社が代理店をおき、その担当者から契約をしてきました。つまり、今までは人の顔を見ながら話しながら契約をしてきたわけです。それが電話やインターネットなど人の顔を見ないで契約をするということになります。ここに利用をすることに不安を感じる方がいるわけです。顔が見えない担当者、事故の時に対応してくれないのではないか?契約や事故の際に相談できないのではないか?もしもの事故の時やその後の手続きにどうしたら良いのか分からないのではないか?そんな心配や不安が主流ですね。

実際には、担当者と直接会って話をしなくて済む分、忙しい方などは会う時間を調整したりしなくて済みます。確かに直に会って説明や相談をしたいところもあるでしょうが、余計な特約などを勧められずに済むところもあるでしょう。また、契約について疑問点や相談がある場合は通販型では電話で対応をしてくれます。仕事が忙しく帰宅が遅い方などは、夜家に帰宅してからじっくりと自分のニーズに沿った契約を検討契約できるでしょう。実際の事故の場合などは、代理店にしても通販型にしても担当者は現場で何ができるわけでもありません。代理店型だと、担当者が知人であったりすると駆けつけてくれることもあるでしょう。実際には駆けつけてもらいたい一番は警察です。ロードサービスなども、保険会社が直接駆けつけるものではないので、通販型も代理店型も肝心なのはロードサービスの質と拠点の多さですね。

 

通販型の利用の仕方

通販型自動車保険の利用には、まず第一に見積りから始まります。代理店を通した場合はご提案という形で提示されるところを、自分や家族のニーズに合った条件でインターネットサイトなどを利用して見積もります。利点はインターネットということで、ほとんど同時に近くに複数の会社へ見積りを依頼できるところです。見積りに納得して決定したら、郵送で見積りと申込書などに必要事項を記入して、車検証などの必要書類を送ります。最近はペーパーレス化が進んでいるので、WEB上での手続き完了もできる保険会社もありますね。書類や入金が完備され、前の保険契約が満期になれば補償が開始されます。インターネットで契約した場合、インターネット割引などがあるのも見逃せないところです。