共済型自動車保険は安い?

自動車の保険は保険会社が提供する自動車保険だけではありません。「共済組合」が提供するものは「自動車共済」といって、やはり自動車事故の損害を補償してくれるものです。では、自動車共済とはどのようなもので、保険会社の自動車保険とどう違うのでしょうか。メリットやデメリットはあるのでしょうか。

 

自動車共済とは

自動車共済とは、自動車事故で受けた損害を共済組合が補償するというものです。保険会社の自動車保険と大きく違う点は、補償してくれるところが「保険会社」なのか「共済組合」なのかという点ですね。いきなり共済組合と言われてもピンと来ない方もいらっしゃいますが、マイカー共済を扱っているのは全労済、つまり全国労働者共済生活共同組合連合会です。CMなどでも名前を聞いたことがあると思います。JA共済連合会は家庭用自動車共済をもっています。法律的な違いでは、全労済の保険根拠法は消費生活協同組合法となっているのに対して、保険会社は保険業法に基づいて許可を受けて保険を販売しています。また、共済は共済組合に加入している方への補償・サービスになりますが、保険会社の保険は不特定多数の方々を対象としています。なぜ共済は共済組合に加入している方が対象になるかというと、共済の目的がそもそも組合員間の助け合いにあるからです。利用する場合は「出資金」を支払います。もっともマイカー共済の場合などは初回掛金の時に1000円を合わせて支払うというもので高額ではありませんし、共済組合を脱退する時には返金されるものです。こういった仕組みは、食品などの宅配や共同購入を行う生協などでも経験される主婦も多いかと思います。

 

自動車共済のメリット

自動車共済の最大のメリットといえば、やはり保険会社のよりも安い保険料だといえるでしょう。それは、共済の目的が組合員の助け合いにあるので、営業的な利益や経費を抑えられるからです。さらに、保険会社とは違い経営破綻をしないように充分な共済契約準備金を支払原資として確保しています。万が一破綻したとしても、例えばJA共済であれば他のJA共済が共同または単独で補償継続する体制をとっています。全労済などやJA共済などは規模も大きいので破綻のリスクは少ないのですが、中小規模の場合は母体を確認しておくと安心ですね。補償体勢やサービスも、昔と違い現在は丁寧になってきたということです。

 

自動車共済のデメリットや注意点

自動車保険会社の保険よりも、自動車共済のほうが何となく不安に思う方もいらっしゃいます。おそらくその根拠は、補償やサービスなどを除いたら、破綻した場合の保険の行方ということでしょう。自動車保険はバックに「損害保険契約者保護機構」があり、破綻した場合は保険会社全社で拠出するこの機構が補償してくれるのです。それに比べると、組合員の助け合いで成り立っている共済は、共済同士が補償しあうとしても規模が小さいといえるでしょう。また、保険料が保険会社のものよりも安いというメリットがあるものの、リスク細分化などの補償内容を細かく設定して保険料を下げられるというものがありません。年齢条件などの一般的な割引となるので、同条件でもっと下げたいという方にはデメリットかも。

自動車共済の注意事項としては、等級の引継ぎがあげられます。共済同士、つまりマイカー共済と家庭用自動車共済などの全労済からJAなどへは引継ぎが可能です。が、中小規模の共済の場合は等級引継ぎができないということがあり得ます。保険業界としては、共済独自の等級と見なされてしまう可能性があるわけです。等級は保険料割引の大切なポイントですから、これがリセットというと保険的にはショックが大きいところです。保険会社と共済とで乗り換えの可能性がある場合は、この点を考慮して加入したほうがよいですね。