ダイレクト型と代理店型の違い

昔は自動車保険というと代理店型が普通でした。担当者がいて説明を聞いたりお勧めを聞いたり、家族のニーズを盛り込んで相談したりしながら決めていったものです。ところがダイレクト型という通信販売型が保険の自由化とともに普及してきました。代理店型が旧タイプなら、ダイレクト型はネット通販タイプの新タイプといえるでしょう。自動車保険が高いと思ってきた方にとっては、ダイレクト型は安いのが魅力でウケているようです。

さて、代理店型とダイレクト型、どのような違いがありメリットデメリットがあるのでしょうか。

 

ダイレクト型と代理店型とは?

自動車保険には大きく分けてダイレクト型と代理店型があります。これは自動車保険の内容というよりは販売形態としての分け方ですね。昔からあるのは代理店型です。自動車保険会社の代理店の担当者と会って契約をします。契約の際には相手の顔も見える安心感もありますが、直接内容を説明してもらったり、疑問点をその場で解消することもできます。我が家の家族構成なども盛り込んだ提案を求めたりもできますね。保険に詳しくなくても、契約に慣れていなくても、比較的楽に加入できるのが利点です。また、車の購入と同時に保険の手続きが出来たりもします。

一方ダイレクト型は通販型とも言われています。インターネットなどを利用して、中間にいる代理店を通さずに直接(ダイレクトに)自動車保険を契約することができます。時間や場所を気にせずに契約できますし、説明が欲しいときにはコールセンターに電話することもできます。

 

代理店型のメリットデメリット

代理店型の大きなメリットは、やはり担当者がついて顔を見ながら契約できるということでしょう。色々なサービスの内容を説明してもらったり、どのような時に補償され補償されないかなども教えてもらえるでしょう。子供が大きくなって自動車保険の家族のニーズが変化していく際などにも、担当者が馴染みであると相談もしやすいところです。しっかりとした担当者であればアクシデントの際にも頼りになることでしょう。また、代理店型の場合は老舗大手の保険会社が多いですね。

デメリットは保険料が高いところ。自動車保険は車両保険も含めて色々付ければつけるほど高くなっていきます。補償は安心に繋がりますが、色々勧められて要らないものまで加入してしまったりします。相手があるので、契約するにも時間や場所も選ぶ必要がありますね。

 

ダイレクト型のメリットデメリット

ダイレクト型は通販型ともいわれて、電話やインターネットなどで自動車保険に加入することができます。間に代理店や担当者を通さずに、直接保険会社と契約できるので、中間コストを省くことができるのがメリットです。代理店型と同じ条件で保障内容ならば、7~8割ほどともいわれています。コストの少ないダイレクト型が圧倒的に安いといえるでしょう。インターネット環境さえあれば、原則として時間や場所なども気にせずに、仕事などで帰宅が遅くなってしまっても契約が可能ということになりますね。不明点が有る場合は、電話対応ですが適切な指示アドバイスをしてくれます。夜間や休日対応もあったりするところがメリットですね。

デメリットは、自動車保険契約やアクシデントの際に自分自身が主導でなければいけないところです。契約の中身を決めるのは自分ですし、アクシデントの際には事故状況を自身で保険会社に伝えて事故現場写真撮影も自分です。契約については、自動車保険の内容やサービスをよく知っていればよいのですが、知らない場合は何度も電話質問したりしながらというのは面倒です。もっとも、代理店型でもアクシデントで必ずしも担当者が駆けつけてくれるわけでもありませんし、事故状況を伝えるのも自分です。事故対応については、代理店型と通販型ではどちらが良いのか分かれるところですね。