保険どこで加入するか

自動車保険はどこで加入しますか?また、保険会社はダイレクト型が良いですか?それとも代理店型? 保険料は安い方が良いのですが、加入する場面は色々ですし、保険会社の種類も必要性や好み相性もあるでしょう。割引などにしても、ダイレクト型などはインターネット割引があったりしますし、代理店ならきめ細かいフォローが期待できそう。さて、保険どこで加入しますか。

 

どこで加入する?

自動車保険は、どこで加入しますか? 加入する場面というのは色々だと思うのですが、以前は確かにどこで加入しても保険料に差はあまりありませんでした。ところが、規制緩和のために保険会社も競争が激しく、保険料も大きく差が出てきています。

一般的に加入するタイミングというのは、ディーラーや中古車販売店で加入する場合、組合共済や生協共済で加入した場合、インターネット契約や通販で加入した場合、知り合いの保険屋さんや生命保険などの保険屋さんからの勧誘などでの加入場面もありますね。これらは同一の保険料とは限りません。比較して加入することをオススメします。

 

ディーラーなどで加入した場合

ディーラーでは車購入時に加入を勧められるので、このタイミングで加入するケースも多いです。ディーラーや中古販売店などは、保険代理店と契約を結んでいて自動車保険のみを販売しています。「どこで入っても一緒ですから」という言葉に、車を購入した勢いで入ってしまうもののようです。でも支払った保険料の中には、ディーラーなどへの手数料が入っていてその収入になるのです。この場合は、仲介や人を介さずに直接やり取りをするダイレクト型(通販型)のほうが同条件でも安くなるということになります。特に無事故で安全運転の方などはかなりお得な保険料になるでしょう。

ただし、新車購入の場合にディーラーなどを通して加入した場合は、何かあった場合に自分からのお願いよりもディーラーからの一言のほうが保険屋を動かすきっかけになったりします。

 

整備工場などで加入した場合

自動車整備工場などでは車検時などに運んだりして、車検の手続きをしてもらう時に保険加入があるようです。時期的にキリが良いので、ついつい加入してしまう事もあります。が、ディーラーなどと同じで契約保険会社への手数料がディーラーに入る分、保険料が高いというのが難点です。

 

知り合いの保険屋さんで自動車保険に加入した場合

生命保険や、アパートや家の火災保険などの都合で知り合った保険屋さんに自動車保険を勧められたりもします。ちょっと割高かもしれませんし、毎年同条件の他に「より良い保険内容を」と高くなるような内容を勧められるケースもあります。しかし知り合いの度合いにもよりますが「まぁ仕方ないかな」という諦められる範囲ならよいでしょう。家計を圧迫するようでしたら、ちょっと言い訳を用意して別保険に加入することも考えても良いのではないでしょうか。

ただし、知り合いの保険屋の場合は、有事の際には頼りがいのある1人になってくれます。「この場合適用されるのか、されないのか、お金かかるのか、等級下がるのか?」なんてちょっと電話で聞くのもありでしょう。知り合いも含めて保険料なのかもしれません。

 

勤務先で加入する

生命保険もそうですが、勤務先に保険会社が来て加入を勧めるという場合もあります。会社側としても通勤時などの事故に備えて、目的を通勤通学とした任意保険証書を提出させるところは多いでしょう。会社に出入りしている保険会社などに加入すると、会社の割引があったり、給料天引きで保険料引き落としに継続忘れがなかったりということもあります。手間はないし、会社で契約も済んでしまうので時間も節約できます。ただし、事故を起こした時などはすぐに会社にバレてしまうという欠点もありますね。

 

保険屋さんの種類で保険を選ぶ

どこの保険会社にしようかと悩んだら、まずは自動車保険は大きく分けて代理店型とダイレクト型があるので、どちらの保険屋さん形態にするか決めます。代理店型は代理店舗や事務や営業その他の人件費もかかり、その分の費用が上乗せされる保険料になります。つまり割高ということになりますね。人が関わる分、保険初心者であったり保険に詳しくない方は「見える担当者」がいるだけに心強いものです。疑問に思ったことや、こんな時は該当するのか?なども逐一説明を求めることができます。有事の際には心強いことでしょう。一方ダイレクト型は通販型とも言われて、直接ユーザーが自分の必要な保険を設定して申し込むことができます。保険を既に熟知していて説明など不要という方は、インターネットなどでサクサクと申し込んだ方が早くて面倒がありません。しかも直接申し込むので同条件であれば代理店より保険料は安くてすみます。