複数所有ならセカンドカー割引も

東京都内などは電車の便も良いですが、地方では車がないと通勤通学だけでなく買い物なども大変だったりします。特に家族1人1台というくらい足になっているところもあるでしょう。その場合はその台数まともに保険料がかかると、さすがに家計に打撃を与えてしまいます。でも補償はしっかりとしたい。そこで複数所有していることで2台目以降の保険料を割引しますよというのが「セカンドカー割引」です。その内容と条件などがあるかなど把握しておくと、契約時に漏れなく保険料を安くできますね。

 

セカンドカー割引とは?

セカンドカー割引、またの名を複数所有新規割引は、2台目以降の車の自動車保険の契約で割引をするというものです。注意点は、2台目なら無条件に割引をするものではないところでしょう。この割引というのは、2台目なら保険料の何%とか一律いくらという割引の仕方ではありません。2台目の等級スタートが6等級からではなく7等級で契約できるという、等級を上げる割引なのです。等級割引は大きいので、割引としては期待できるところでしょう。ただし、1台目の自動車保険のノンフリート等級が11等級以上であれば可能というシステムなので、誰でも2台目は安くなるわけではないのですね。

 

セカンドカー割引になる条件

セカンドカー割引になるための条件として、まずは1台目の保険契約が11等級以上であることです。その他に、2台目の記名被保険者・車両所有者は個人で自家用の用途であること。2台目の記名被保険者が本人・配偶者・同居の親族であることも条件です。

 

セカンドカー割引は同じ保険会社でしないといけないか?

2台目の車は違う保険会社にしたいと思っても、1台目と違う保険会社で契約したら「セカンド」にならなくなってしまうのでしょうか。そうすると、どうしても1台目と同じ保険会社という選択肢になってしまいます。顧客獲得したい保険会社としては「2台目はぜひわが社で」といきたいところですから、1台目が違う保険会社の契約でも2台目の「セカンドカー割引」適用が可能になっています。1台目が等級が順調に進んでいるならば、2台目を担当する保険会社からすれば「安全運転の顧客を確保できた」という形になるわけですね。2台目契約時には1台目が違う会社で契約されているということは、2台目の保険会社でわかるようにはなっています。しかし、違う保険会社で2台目を契約する時には、1台目が他社で契約していることを確認伝えておきましょう。

同じ保険会社でまとめる場合は「ノンフリート多数割引」という手段もあります。損保ジャパンの例でいえば、2台目は1%、3台以上5台以下だと3%、6台以上だと5%にもなります。免許を取得したばかりの18歳の子供がいる場合は、等級引継ぎなどと一緒に駆使しながら保険料を安くできる可能性があります。