自賠責保険は加入しないといけない?

自分の運転が完璧でも、自動車保険に入る費用がもったいなくても、どうしても加入しなければならない保険があります。これが自賠責保険、通称「強制保険」と呼ばれているものです。任意保険と違って必ず入らなければならない「義務」のものです。では、これに入っていれば任意保険は要らないのでは?と思ったりしますよね。まずは自賠責保険というものはどういうものなのか、どこまでをカバーするものなのかを知っておきましょう。

 

自賠責保険とは

自分の意思で入る任意保険に対して、全ての自動車に加入することが義務付けられている強制保険が<自賠責保険>です。原動機付自転車なども対象になっていて、車を購入した時や車検の時に加入します。

自賠責保険の内容としては、目的が法律による交通事故被害者の救済にしているため、人身事故のみの対応になります。つまり、単独で何かにぶつかって物や車を破損した場合などは対象外ですし、便利なロードサービスオプションなどもありません。

 

自賠責保険では補償されないところ

自賠責保険は相手に対する最低限の補償なので、任意保険なら網羅される部分でも自賠責では補償がないという部分があります。まずは事故による怪我ですが、相手の怪我に対しては補償がありますが、自分が怪我をしても支払い対象になりません。

事故では車が破損してしまうことが大半ですが、自賠責では車の修繕費は対象外です。人身事故のみが対象なので、電柱に自分でぶつかってしまっても車も自分の怪我も補償されないということになります。

 

自賠責保険の良いところ

自分に対する補償がないとあっては自賠責保険は得にならないな、という気がしますね。実は自賠責保険の良いところは、被害を被った時に発揮されます。もしも任意保険だけであったら、不誠実なドライバーに怪我や死亡事故などを起こされた時に一文も出なく泣き寝入りです。しかし自賠責保険は加害者でなく被害者が請求できるものなので、任意保険の損害賠償額ほどではなくとも支払われるわけです。

義務というだけあって社会保障的な意味を含まれる保険なので、保険会社の利益はありません。仮渡金賠償額の確定まで時間がかかり当面の治療費や葬儀費用に困る場合は、加害者の加入している保険会社に前払いを請求することもできる優れものです。

自分や家族が万が一の事故に遭遇してしまった時などのためにも、自賠責保険の知識は必要ですね。

 

自賠責保険の損害賠償額

最低限の補償と言われる自賠責保険の保険金額、すなわち損害賠償額はどのくらいでしょうか。内容によって金額は変わってきますが、上限が設けられています。

死亡の場合は、葬儀費用や逸失利益、慰謝料などで上限が3000万円です。後遺障害の場合は、常時介護の場合、逸失利益や慰謝料などで上限が4000万円。障害による損害に対しては、治療費関係等で120万円です。

死亡の場合3000万円も出るのか!と思う方もいらっしゃるでしょう。あくまでも上限の金額ですし、相手を死亡させてしまった場合は3000万円以上の請求がほとんどです。

 

もしも自賠責保険に加入しなかったら?

強制保険と言われますが、どれくらいの強制力があるのでしょうか。加入しなかったら、どうなるのでしょうか?

自賠責保険未加入のまま運転してしまうと法律で罰則があります。「1年以下の懲役、または50万円以下の罰金。免許停止処分、違反点数6点。」となっています。通常車検時に加入するので、車検期間をカバーする期間の加入が必要になりますね。車検完了時には必ず自賠責保険の証書が添付してあるか確認しましょう。

ちなみに、車検がない250cc以下のバイクなどは満期になった場合の手続き漏れに注意が必要です。11