走行距離や用途別で保険料割引に

毎日長い距離を乗る方と、たまに遊びに行く時程度にしか車を使わない方とでは、運転技術が同じ場合は前者の方が単純に考えて事故を起こす機会というのが多いといえます。それが同じ保険料だとしたら、たまにちょっと乗るだけの場合は損をした気がしませんか? そこで、走行距離や用途別という点で保険料が割引になるところに注目しましょう。これをリスク細分型といいます。保険会社が背負うリスクを細分化して、保険料を割り引きニーズに答えやすくしているのです。

 

保険料は走る分だけ?!走行距離で割引に

「それほど距離乗らないのに、保険料は安くならないの?」ということで、走行距離が短い方には年間走行距離などで保険料を算出する仕組みの保険もオススメです。事前に契約者が「予想年間走行距離」を申告するタイプがあり、保険会社によって走行距離区分は様々ですが、保険料は走行距離の段階によってアップもダウンもするということになります。

 

走行距離を申告したけどオーバーしたら?

「通勤は電車通勤だったので、走行距離が短い保険に入っていたが、異動になって車通勤をすることになった」なんていうことは珍しくありません。しかしそうすると、走行距離は断然アップしてしまいます。申告制の走行距離だと当てはまらないことに。この場合に事故が起こった時は保険金が受け取れないケースがでてきます。また、契約時の数値より走行距離に著しく差がありすぎると、追加保険料支払いの可能性も出てきます。ここは正直に走行距離を連絡した方がよいでしょう。

また、車で長距離旅行をたくさんした年があったなんてこともあるかも。楽しい旅行の後で走行距離を見てビックリということがある可能性もありますね。走行距離の予測は意外に難しいものなのです。そこで、ソニー損保などは走行距離がオーバーした時・少なかった時などに独自のサービスを提示しています。1年目は差額保険料を支払って補償をしっかりしてもらうことで解決し、2年目以降は「こえても安心サービス」という差額保険料支払い不要の走行距離区分に変更しておくと良いでしょう。逆に少ない距離だった時には「1000km以上少なかった場合」は差額保険料分を翌年の継続契約保険料から割り引いてくれます。これを「くりこし割引」としています。こうした走行距離割引を使うことで、等級が最高の20等級で割引がいっぱいであっても、それ以下になる可能性があるのです。

さらに、あいおいニッセイ同和損害保険では実走行距離で保険料を支払うという実走行距離連動型自動車保険「PATD(ペイド)」というのも発売しました。たまにしか乗らないけど、もしかして遠距離を走ってしまうかもという方にはうってつけです。自分のニーズに合わせて選んでいきたいですね。

 

車の使用目的によって保険料が変わる?

車の使用の使用目的によって自動車保険の保険料は変わってきます。使用目的というのは、具体的には「日常やレジャー」「通勤通学」「業務」という区分になります。この区分は非常に重要で、通勤通学に使っていた車で旅行にでかけたら事故にあってしまった・・という場合には保険料が下りますが、日常やレジャーで契約していた場合には通学通勤・業務で事故を起こした場合には保険料が下りなかったりします。車通勤している場合には、会社によっては会社側から「任意自動車保険は通勤の区分にしておくこと」と通達されたりするほどです。なぜ使用目的が重要なのかというと「日常やレジャー」よりも毎日の「通勤や通学」などで長距離になりがちなこと、ラッシュ時など混み合う可能性のある事故率の高いところで乗る可能性が高いというところでしょう。その分保険会社はリスクを背負うわけです。

 

使用目的の目安

車の使用目的といっても、どのくらい使用していれば通勤通学や業務と言えるのでしょう。通学だってたまにスクーリングするだけの方だっていらっしゃるはず。どれくらい使用しているかは、日数で決まります。まずは「日常やレジャー」ですが、これは特に規定はありません。日常制限してしまったら、いつ乗るのということになってしまいますよね。一方「通勤通学」は一般的な保険会社では週5日以上または月15日以上という規定があります。「業務」も同じです。ちなみに、業務でも宅配や運送などは全然運転の機会が多いのでノンフリート等級でないことも。