免責で保険料が変わる?

免責で自動車保険の保険料が変わる!と言いますが、どういうことでしょうか。免責って何? なぜ保険料が変わるのか? 免責のメリットデメリットはあるのか? 知っておくとお得ですし、契約時に迷うことがありません。

 

免責とは?

免責とは、自動車任意保険における車両保険の自己負担のことです。保険会社の「責任」が「免除される」という部分のこと。車両保険は自動車保険の中でも金額的に大幅にしめることになりますし、相手への補償ではなく自分の車に対する保険なので、最低限という考え方が多いです。そこで、事故で自分の車が破損した場合、自己負担できる金額を<免責>として設定しておくことで、保険会社に全額負担させないという方法をとります。保険会社はその分リスクを少なくできるということで、保険料を減らせるということなのです。免責の設定には「定額方式」「増額方式」があって、何回事故が起こっても同じ自己負担の定額か、1回目は安いけど2回目は高いという増額方式もあります。

 

免責ゼロ特約とは?

免責ゼロ特約というものがあります。免責がゼロになる特約?そんなことしたら保険料は大幅アップとかにはならないの?と思いますよね。この特約は免責が全くゼロというわけではないのです。各社設定が異なる場合がありますが、例えば三井ダイレクトなら1回目の事故で他人の車と衝突や接触してしまった場合、相手の車が確認できればその事故での車両保険の免責がゼロになるというものです。つまり、自己負担がゼロというわけですね。免責金額を1回目5万円、2回目以降は10万円の車両保険にセットできるというものです。たった一回の事故なのに!という悔しさは誰にでもあるもの。車両保険をかける愛車をお持ちの方にはお得な情報です。

 

免責とを付けるメリットデメリット

車両保険に加入にしているからといって、ちょっとした事故の破損でも保険を使っていると等級が下がってしまって、次年度の等級割引に大きく響きます。しかし高級車などを乗っていると、事故が置き場場合は修理費用を捻出できない場合も。修理費用が数万円くらいであれば、 保険を使わずに自己負担で直してしまえ!というのは一般的ですから、最初からその金額を免責として付けて保険料を下げるのは実際的といえます。

ただし、車両保険そのものが車両を時価で考えて補償を設定されるものなので、新車の時から年々減価償却のように車の価値は落ちていき、たとえ全損したとしても買い直せるような金額が降りなくなっていきます。年数が経っていてプレミアがつくような希少価値車であっても、保険上の車両としての価値は低くなります。でも修理費用はかかってしまう。ここがわざわざ車両保険と免責を本当につけて良いのかというデメリットでしょう。