家族・配偶者に運転者限定してお得に

自動車保険には割引制度というものがあって、それをどう使っていくかで保険料がグッと違って費用節約になります。ところで、なぜ運転者を限定すると割引になるのでしょうか。それは、不特定多数の人が乗ると、中には運転技術が未熟な人や苦手な人がいたりすることを防げないからです。年齢条件も合わせて運転者を限定して、事故率を下げようという考えなのです。また、慣れた車であれば運転技術が未熟でも事故率が下がるでしょう。保険会社にしてみると、事故がなければ補償金を支払うことがなくなりますね。補償金を支払う可能性が低くなったところで、割引にして顧客獲得ができるのです。

 

事故を起こす確率が低くなれば安くなる

保険会社は事故が起こって過失がつくと補償を支払わなければいけません。しかし事故が起こらず満期までいけば支払いはなし。補償しなければならない確率が高い人の保険料より、支払いが起こらない確率が高い人の保険料が安いのは道理というものです。車における安全性はもとより、人為的な事故においても慎重です。機械的には、今は車の大多数につけられているためABSやエアバック、イモビライザーキーなどがついていても割引にならない場合がありますが、一番多い人為的なところは保険会社も限定をつけて割引にしています。これが配偶者限定や家族限定なのです。本人限定というのもありますね。これを年齢条件や等級と組み合わせて割引にしていくと効果的です。

 

家族限定・配偶者限定とは?

家族限定や配偶者限定は「特約」ではありません。運転者を限定する契約にして保険料を割り引くというシステムです。契約上そうなると、運転者は配偶者限定の場合は「配偶者」、家族限定の場合は「家族」でしか効力を発揮しません。つまり、それ以外の人間が運転して事故を起こしても、保険の支払い対象にならないというわけです。運転者を契約外の人間に運転させないか、補償自腹を覚悟ということになります。

家族限定の中でも、あらかじめ契約書に記載された人だけの限定割引をする保険会社もあります。

 

本当に家族だけでは不便な場合

補償が自腹なんて無理だから、絶対家族以外は運転させない!というのもちょっと不便なものです。そこで、家族限定をかけながらも「家族外運転者特約」などをつけると良いでしょう。スキーやバーベキューなど、友人と一緒にレジャーに出かける際に長距離の運転を代わりながらという場合などは便利ですね。

 

家族限定の家族とは?

ところで、家族限定の家族とは、どのあたりの範囲までをいうのでしょうか。実は一般的な「家族」という認識とはちょっと異なったりします。血族・姻族の親等に関わらず、契約者と同居している家族は「保険上の家族」と見なされます。つまり「家族限定」の範囲に入るわけです。例として近所に親戚や子供が居を構えて暮らしている場合、それが我が子であっても「保険上の家族」になりません。隣に住む我が子が、親の車を運転して事故ってしまった場合、補償はないということになります。では、高齢化社会が進む中で増えてくる二世帯住宅の場合はどうでしょう。これは保険会社によって判断が分かれるところです。住んでいる家は一緒だけど「入り口が一つなら一世帯」とするのか「水回りが別々なら二世帯」とか色々考慮するところがあるからです。
我が子で別居であっても、未婚であれば家族限定の仲間になります。が、結婚してしまうと別になります。離婚してしまった子供は「未婚」という区別にならないので、範囲外になってしまうので要注意ですね。家族には内縁関係も含まれ、単身赴任の夫なども配偶者なので含まれます。

たまに・・・という場合の運転者でも、家族限定に入るかどうか確認しておきましょう。