車両保険の相場の目安

自動車保険で車両保険をつけてみたら、つけない時よりも保険料が跳ね上がってしまったという経験をお持ちの方もいらっしゃると思います。そもそも車両保険は何のためにつけるのでしょうか。そのメリットや必要性は? 高いといわれる車両保険の目安とは? 車両保険をつける前に、ちょっと事前の知識を入れておきたいところです。

 

車両保険の必要性

付けると保険料がグッと高くなるという車両保険。なぜ、どうして付けた方が良いのでしょうか。その必要性とは。

自動車保険の基本は対人対物賠償で、事故の相手のための補償になります。これを無制限に設定しておくのは安心でしょう。しかし、事故で傷つくのは相手の車だけでなく自分の車も傷つきます。それに、自損事故という自分の車が傷つくケースは、相手有りの事故ばかりではありません。ところが、せっかく入った自動車保険は、主に相手のためで自分のためではないのです。相手が全面過失で無制限補償に入っていれば良いのですが、そういう場合だけではないですよね。車両保険の必要性が高い方は、免許を取り立ての人、新車・高級車を購入乗っている方・車をローンで購入した方・リース利用の方・免許は取立てじゃないものの、運転に不慣れで自信がない方・車の修理費を自分で払えない方というところでしょう。これのどれかに当てはまる方は、保険料が高くなっても車両保険に加入したほうが良いといえます。

たかが車の修理費用と思われたりもしますし、貯金をしておいて有事の際には修理費用にということを考えられたりもします。が、高級車などはちょっとした修理でも数百万ということもあり得るので考慮したいところです。

 

車両保険の種類とカバーする範囲

車両保険と一言でいっても色々で、保険会社によっても違いはありますが、カバーする範囲で種類が変わってきます。必要なところをチョイスしてくことも保険料節約になるでしょう。一般的にはフルカバータイプの「一般車両保険」で、電柱などへの衝突から、当て逃げや盗難にも対応します。一番高い車両保険ですね。もう一つが「エコノミー」で、こちらは最低限。対車との衝突を中心にしています。その間をとった「エコノミープラス特約」というのもあって、エコノミーの対車の部分と、盗難火災などをつけたものです。自分のニーズはどこなのかを確認して、どういう場合に保険が下りるのかを把握しておくことが必要になります。

 

車両保険の目安

車両保険の目安としては、ザックリですがベースになりうる自動車保険料を2倍するとフルカバータイプの一般車両保険。ベースの1.6倍ならエコノミータイプと言われています。ここから更に下げるには、免責金額を設定することになります。免責金額とは、事故が起こった際の事故負担金のことです。当然ながら全部を保険会社に負担してもらうことなる免責金額0円が保険料は高くなります。

例として、一般車両保険が115,000円で免責10万円までとあった場合、エコノミーは約半額超の65,000円。免責を15万円に設定しておくと82,000円となります。金額が万単位で違うのには驚きですね。

 

車両保険の相場は難しい

では、一般車両保険に加入しよう!となっても、実は車両保険の相場は難しいのです。それは、車の価値によって車両保険が変わってくるからです。車の車種・年式は重要なので、保険会社と話し合う際には必ず車検証を用意しましょう。新しくて高級な車は保険料が高く、古くて価値が低くなってくると安くなります。保険会社によって車種や年式によって区分がされていると思うので、自分の車はどのあたりなのかを見積りを取るところから始めたいですね。ネット等で相場として出てくる金額はあくまで目安になります。新規で購入の際には、ディーラーから車検証の用意から保険のオススメまで持ってくることがあります。