60代以上の保険料相場

今時は60歳は高齢者のうちにも入らなくて、元気いっぱいで運転だって若い人には劣らないという方がほとんどです。運転免許証更新のための高齢者講習も70歳からですし、講習前の予備検査があるのは75歳以上です。60歳、まだまだ!と言いたいところですが、実は自動車保険上ではそろそろ陰りが見えてくるのです。

 

年齢のシニア区分?

保険上の年齢区分では、明らかに保険料がアップするのは70歳以上というのが通常ですが、保険会社によっては60歳以上からシニア区分としてUPし始めたりします。年齢条件を50代はほとんど影響を受けないので、まだまだ先だと思っていたシニア区分を60歳代になってビックリということもあるでしょう。もっとも、年間で2~6000円程度のUPなので、ゴールド免許で最高等級であればUPの幅を多少カバーしていけるのではないでしょうか。60歳以上で事故件数が近年上がってきているといわれていますが、長年ハンドルを握ってきた方も、ゴールド免許保持のためにも再び安全運転を心がけて頂きたいところです。

 

リスク細分化で保険料を見直す

自動車保険をずっと同じ会社に依頼している方もいらっしゃると思います。担当者も馴染みであれば、更新時も安心して任せていらっしゃったでしょう。しかし、これから年金暮らしを始められる方も多くなる60歳代では、老後のことを考えると少しでも保険料は抑えたいところです。リスク細分化で60~70歳というシニア向けプランを打ち出して新規顧客を狙う保険会社もあるので、いくつかの保険会社の見積りを取りながら見直していくというのも手段の一つです。年齢条件で35歳以上補償とあっても、実際は「記名被保険者年齢別料率区分」として区分されています。「現在の保険は35歳以上補償となっているから大丈夫」ということにはならないので注意が必要ですね。

また、バランス良く保障されていた内容から、年齢だけでなく走行距離などのリスク細分化も注目しても良いでしょう。走行距離などのリスク細分化は近年打ち出されたもので、60歳以上の方には馴染みがないかもしれません。しかし自分や家族の現在のニーズを考えながら見積りを取ってみるのも参考になります。

 

子供が中心になって車に乗る場合

子供が若いうちは、親の車に子供が時々乗るという条件が多かったりします。子供が車を購入維持するには、経済的にきつかったりするからですね。しかし、子供が35歳以上になり中心となって車を購入運転していく頃、親は会社を退職などして通勤などに使わなくなっていたというケースが多くなっていきます。その際は子供が被保険者で35歳未満は補償しない・家族限定などの条件にすれば保険料は安くなっていくでしょう。親が最高等級20等級であった場合には、子供が同居していれば等級の引継ぎもできて、子供にとってもお得な保険になります。子供が1人暮しをいずれするだろうという場合には、同居しているうちに被保険者名義を子供にしておくことで解決します。