自転車保険特約は子供の通学にも

事故やアクシデントで問題になったり、賠償が発生するものは自動車だけに限りません。昨今は自転車の乗り方やルールなどもかなり問題視されて厳しくなっていますね。加害者になってしまった場合も、賠償については子供が起こした事故でもケースによっては多額になったりした例もあります。そこで自転車保険に入るよう子供も学校からパンフレットなど持ち帰ったりするかもしれません。自動車保険と違って、一般家庭では自転車は無保険状態であることがまだまだ多いからです。でも実は別保険に入らなくても自動車保険の特約で済むとしたら、一本化してスッキリしませんか?

 

自転車と事故と賠償

近年でわりと話題にのぼったのが、小学生が起こした自転車によって相手が後遺障害になり、9500万円以の高額賠償が命じられたケースです。自動車免許のない子供が、足として自転車で遊びに出かけたりすることは極普通の光景です。子供だけではなく、大人も健康やスポーツ感覚で自転車通勤をしていらっしゃる方もいます。つまり、日常の光景というわけです。ところが、一旦事故が起こると内容にもよりますが、高額賠償の可能性があるということと、それをバックアップする強制保険などがないということです。最近は自転車通勤が増えた事もあり、自動車保険の加入を義務付けている会社などでは自転車通勤も自転車保険に加入を義務付けるところが増えていますね。会社としても、通勤中の事故とあれば第三者を怪我させたことで使用者責任を負うリスクがあるからです。

 

自転車保険とは?加入の仕方は?

自転車保険とは、自転車を利用していて発生した事故・怪我に対して補償をする損害保険の一種になります。車と違って強制ではなく任意での加入になります。年間の保険金額は大体5000円程度。第三者を怪我させた場合などの損害補償です。

加入の仕方は、昔よりも自転車保険はメジャーになっていて、保険会社も専用の保険を用意しているところも多くなりました。損保ジャパンなどは傷害総合保険の自転車事故の保険で補償することができます。自動車保険に入っている場合は、任意保険に自転車特約をつけることもできます。自動車保険の特約にした場合は、証書や窓口が一つということで、分かりやすくスッキリした契約になるでしょう。

 

自転車特約と個人賠償責任保険

わざわざ新規で専用の自転車保険に加入しなくても、自動車保険の特約として自転車特約を付帯することができます。また、個人賠償責任保険の中にも自転車での第三者への補償が含まれている場合があります。もしも子供が学校などから自転車保険のパンフレットを持ち帰ったら、重複しないか確認したいところです。特約と専用自転車保険の違いは、特約の場合は被害者である第三者のためなので、自分自身への補償がありません。自分への補償は生命保険などの医療保険などが使えるでしょう。利点は専用の自転車保険に比べると、個人賠償責任保険として加入してしまった方が自転車だけでなく色々な補償が望めるというところです。示談交渉サービスがついていると更に良いですね。特約は自動車保険だけでなく、火災保険などに意外についていたりするので、まずは確認というところです。もう一つ確認するところは、自動車保険の特約では同居の家族全員が補償範囲になっていることが多いのですが、専用自転車保険の場合は個人単位というものもあります。家族の誰が補償対象かは最初に聞いておきましょう。