日常生活賠償特約で自動車以外も補償

自動車保険というものは、普通に考えると車に乗っている時や、車に関しての保険というだけのイメージがあります。しかし実は他にも網羅できる部分があるので、他で別保険をかけてしまうより証書や窓口は何処か等も迷わず、スッキリして良い場合があります。これの代表格が日常生活賠償特約、別名個人賠償責任保険です。内容を知っていれば、結構使えて心強い保険になるかもしれません。

 

日常生活賠償特約とは?

日常生活賠償特約(または個人賠償責任保険・個人賠償責任補償)とは、日常生活で第三者の身体や財物に対して法律上の損害賠償責任を負った場合に補償されるというもの。自動車保険の特約として加入するものですが、内容は車の事故などに限ったものではなく、補償範囲は家族の誰かがこの特約に加入していれば子供まで補償されます。間違えやすいところは、特約の名称上日常生活全般補償されると思われがちなところです。基本的にはそうなのですが、補償の範囲に入らないところもあるので確認が必要です。

この特約は、あくまで「特約」ということで単独では保険会社は受けないのですが、自動車保険の特約だけでなく、火災保険・傷害保険・積立保険などに特約として付帯が可能です。その保険会社に特約として付けられるか聞いてみましょう。その逆に、火災保険でつけたら、実は自動車保険で付けられていたなんてこともあるので、重複しないよう内容はよく確認したほうが良いでしょう。

 

こんなことまで補償範囲?!

よくある日常のトラブル。補償の範囲内かもしれないのに意外と見逃しがちです。もちろん、保険会社によって範囲は違うかもしれませんが、とりあえず担当者に聞いてみるとかしても良いでしょう。

例えば、マンションなどで排水ホースが外れて階下に水漏れしてしまったとか、買い物に行った時に誤って商品を落としちゃったとか、スキーをしていて他人に怪我をさせてしまったなども範囲の場合があります。子供がサッカーボールで他人の家の窓を割っちゃったというものから、子供が遊んでいておもちゃを振り回していたら、友達に怪我をさせてしまったなんていうのも入ったりするので、子供の保険に入る際にこの部分が要らないことが分かりますね。

 

日常生活賠償特約のお得なところと注意点

日常生活賠償特約は単品販売は無くなっていき、保険の特約という形になっています。補償範囲が大きいものの、年間の保険料にすれば数千円程度で家族が補償されれば安いものです。補償される家族は、本人・その配偶者・同居の親族・別居の未婚の子供(仕送りしてもらっている学生等)とあって、子供も補償されるお得さ。これは子供が小さい時なら、尚更入っておきたい特約といえますね。

注意したいところは、特約なので元の自動車保険を解約したり、期限が切れてしまった場合などは効力がなくなってしまうところです。更新時などもちゃんと付帯されているか確認したいところです。

 

示談交渉サービスがあると便利

わりと身近なトラブルに対応してくれる日常生活賠償特約ですが、トラブルの対応は結構大変です。最近は法律をテーマにしたテレビもあったりして、相手が一枚上手な話術や知識を持っていると苦戦しがちです。そこで例としては損保ジャパンの場合などは、保険会社の同意を得て支出された費用だけでなく、国内で発生したものは示談交渉サービスが付きます。

 

保険金額は?

保険金額はどれくらいでしょうか。例として損保ジャパンならば、日本国内で発生した事故であれば無制限です。海外の場合は1億円。自分や家族が第三者に対して損害を与えた場合の特約なので、補償の対象外になるのは自分や家族のものの破損や怪我などです。また、航空機・船舶・車両・銃器などの所有や使用管理に起因するものです。