原付バイク所有ならファミリーバイク特約

自動車保険には加入しているけど、バイクの保険も改めて加入しなければならないのでしょうか。なんだかちょっと面倒で高くつくのではないかと思いますよね。車の免許を持って保険も加入しているのだから、バイクも範囲に含んで欲しい。というユーザーの希望も多かったのでしょう、原付特約、またはファミリーバイク特約という特約としてあります。この特約の便利なところ、注意したいところをチェックしておきましょう。

 

ファミリーバイク特約とは

125cc以下のミニバイク、原付にのみ対応の特約です。運転者、または同居の家族が自動車保険に加入していれば付けることができます。保険金は自動車保険に準じますが、自動車保険で年齢制限を付けていてもバイク特約には制限がありません。同条件である場合、単独のバイク保険に加入するよりも数千円から数万円保険料が安くなるというメリットもあります。

 

子供が乗るバイクにも対応するか?

ファミリーバイク特約という名前なだけに家族が乗る場合もOKです。ただし同居の親族に限ります。子供が乗る場合は、単独で保険に加入するよりも安くて済むので助かりますね。子供は未婚であれば別居していても有効です。大学生などになって一人暮らしなどをする子供にも有効というわけです。結婚すると別世帯別生計ですから、特約からは離れてしまうので注意しましょう。

 

ファミリーバイク特約を付ける際の注意点

保険料節約に一役かっているファミリーバイク特約ですが、特約をつける際には注意も必要です。一番大切なのは、あくまで自動車保険の特約であり、自動車保険を止めると終わりになります。大抵の保険代理店などは満期になる前に知らせてくれ、前年同条件で特約もそのままですか?なんて聞いてくれたりするのですが、特約付加を忘れてしまったり、満期になって特約が外されていることを家族が知らなかったりすると大変です。特に一人暮らしをしている子供が知らずにバイクに乗っていたなんていうことはあることです。また、子供がそういったことを知らずに結婚後も効力があると思って乗っている場合も危険です。基本的に普段は気にしないで乗ってしまうでしょうが、更新の度に確認を含めて子供にも話をしましょう。

125cc以下対応なので、子供がバイクをグレードアップしてしまう場合も注意です。

 

何年バイクに乗りますか?

契約者自身が、バイクを第二の足としてずっと使っていくために特約を付けるならば問題はありません。が、子供が乗る場合は先々を見越した特約のつけ方をしたほうが良いでしょう。バイク保険にも等級がありますが、あくまでファミリーバイク特約は特約というスタンスなので、等級による割引が期待できません。子供が長年乗って行くならば、最初は等級が低くて保険料が高くても別保険にすることがオススメです。一方、通学などに3〜4年使うだけという等級も気にしない限定的な場合は、安くてお得というわけです。