他車運転特約とは?

友人や知人から「ちょっと車を貸してくれない?」と頼まれることはありませんか? または自分が借りることはありませんか? また、里帰りなどして親戚の車を運転なんていうこともあるでしょう。ゴルフやスキーで仲間と出かけて運転を押し付けられちゃったなんてこともあるでしょう。ちょっとだけだから、という気持ちであっても事故は起こらないとは限りません。自分の車で起こした事故でも対処は面倒なことが多いですが、他人の車となるともっと面倒なことに。他者運転特約とは、そんな時に活躍する特約なのです。絶対に100%他人に車を運転させないという方以外は、ちょっと知識を入れておきたい特約ですね。

 

他者運転特約とは?

他者運転特約、または他者運転危険補償特約と言われるもので、自動車保険のオプションとしてつけられています。大抵の自動車保険には付帯している特約なので、契約の際はちょっと内容を確認してみると良いでしょう。言葉通りの解釈で、他人の所有する車を運転する際の危険を補償する特約、という意味です。

他人の車を運転していて事故を起こした場合、その車の所有者の保険を使うこともできますが、次年度のその人の保険料が高くなってしまいます。また、年齢制限がついている保険だと使えない場合もあります。ということで、この他者運転特約はこんな場合に自分の保険が使えるという優れものなのです。

他人に車を貸す場合は、貸した相手の他者運転特約を使ってもらうということになりますね。

 

自分の以外なら全部対象になる?

他者運転特約は自分の車以外であれば全部対象になるのか?というと、実はそうではありません。保険の記名被保険者、その配偶者、これからの方の同居の親族が所有していたり、主に使用する自動車は対象外になります。つまり、自分ちの車は奥さんの旦那様の車に関わらず対象外なのです。あと、自家用8車種以外は対象外です。車検証に自家用はちゃんと自家用と記載されています。つまり、業務中の営業車などは対象外ですね。

 

補償はどれくらい?

車両事故が起こった場合、自分の車の車両時価額でしょうか。相手の車が自分のよりも高かったら心配ですよね。この場合、借りている車の時価額を限度に保険金が支払われます。