盗難保険は必要か

車の盗難は昔よりはずっとマシになりました。イモビライザーなどの普及のおかげかもしれません。しかし全くのゼロというわけでなく、盗まれやすい車があることも確かです。では、車を持って行かれてしまったらそのまま泣き寝入り? 愛着もない廃車寸前の車ならまだしも、愛車で日常の必須アイテムであったらどうしたらよいのでしょう。そこで盗難保険を考えたくなりますよね。実際は車両保険に入っていれば、特別な特約を付けていなければ反映される保険です。

でも本当に盗難保険は必要でしょうか?車丸ごと持って行かれなくても、車上荒らしでも保険は機能するのでしょうか。

 

 盗難保険はこんな範囲で補償してくれる

自動車両の盗難についての保険は、車両保険の一般車両保険や車対車限定などのエコノミープラス限定Aにも対応しています。エコノミーのみの場合や、車対車事故限定危険特約などを付けていると対応しないので注意です。また、車両保険に加入していても、車両盗難対象外特約などを付けていても対応しません。

盗難保険の補償範囲は、車を丸ごと持って行かれてしまった場合はもちろん、車上荒らしにも対応しています。車のタイヤだけ外されて持って行かれてしまった、なんていう場合にも対応してくれます。しかし、車に関するもの全般の盗難に関して反映するわけではないので、この点が非常に注意したいところです。

例えばタイヤは外して持って行かれれば盗難保険の対象ですが、外して倉庫に保管していたタイヤが盗まれるのは対象外です。また、タイヤを傷つけて空気を抜かれてしまうなどのイタズラも盗難保険の対象外になります。

車上荒らしに盗難保険は対応していますが、どんなものでも補償してもらえるわけではありません。車中にあったブランドバッグやゴルフクラブなど貴重品は対象外です。これも補償してもらおうとすると、身の回りのものも含める特約が必要になります。カーナビも車の定着品という判定であれば対象になりますが、後付けポータブル系などは対象外になります。

色々と意外に細かい・対象になるものが狭すぎる、と自分で判断する方は盗難保険を必要ないとすることが多いようです。

 

車の管理を問われることも

ちょっと車から離れるだけだから鍵は必要ないよね?と思ってほんの数分離れただけで盗まれてしまったなんていうこともあります。いつもは鍵をかけている方からすれば、非常に不運といえるでしょう。ところが、車や鍵の管理など防犯上の管理がされていないなど判定されてしまうと、保険が下りない場合があります。車に鍵をかけてもキーシリンダーなどを壊して車を盗難したりされればお手上げなのですが、そういった工作がされてしない状態で盗難から発見された場合などは、ドアを施錠していなかったのではないかなど鍵の管理を疑われたりします。愛車はない、管理は疑われるでは踏んだり蹴ったりな気がしますね。

 

保険金を受け取った後に車が見つかったら

保険金を受け取った後に愛車が見つかった!という場合、愛車はなんと保険会社のものになっていて手元には戻ってきません。契約内容にもよりますが、一定期間内ならば保険金を返すことで愛車が戻ってくることも。保険金では新しい車を買い換えられないという場合や、希少価値がある車などは返してもらったほうが良い場合がありますよね。保険会社にその旨は聞いてみる価値があるでしょう。