車両保険とは

自動車保険は大きく分けると「他人への補償のための保険」と「自分のための保険」の二種類があります。車両保険は後者の「自分のための保険」に入ります。事故の相手の車両は含まれないの?と疑問に思うかもしれませんが、相手に対する車の補償は対物保険で賄われます。車両保険は必須事項ではないので、車両保険の必要性と内容について知ってから加入しましょう。

 

車両保険は絶対必要か

事故が起こった場合、過失の割合によっては相手から車の修繕費が全額出るとは限りません。ちゃんと直すには足りないと困ることもあるでしょう。しかし、激安で購入した車を、凹んでも修理などしてお金をかける気などないとなれば、車両保険は不必要でしょう。つまり、車が生活に必須で、自分が自分の車を修理したり買い直す必要性を感じている場合に必須になりうる保険です。

 

車両保険の金額

車両保険は割高と聞くけど、いったいいくらなの?ということが気になりますよね。実は一律にこれだけという金額がありません。それは、車はどんな車でも年数が経てば購入時より価値が下がっていき、補償される金額が下がっていきます。同時に保険支払い金額も少なくなるわけです。もう一つは、車の車種によって金額が違うところです。車両保険は盗難も対応するので、盗まれやすい車種などはもちろん保険料が高く なります。ボロボロのやっと走る車と、人気高級外車の新車では保険料が高いのは当たり前といところですね。保険会社もリスクを背負わないようにできているのです。愛車を大事にしたい方、凹んだ車に乗るのは恥ずかしいと思う方は、ぜひという保険です。

ただ、車の価値というのは年々下がっていきます。評価額が50万円であった場合は、それ以上の金額が出ません。でも、その車を直したり同じ年数のものを買い直すとしても、50万円では足りない、という若干理不尽さが出てきます。

 

車両保険と等級

自分の車の修繕や盗難のための車両保険。そのための積立費用的な感覚の方もいらっしゃるかもしれません。ところが、これはあくまで保険会社の商品ですから、保険を使うと等級が下がってしまうというマイナス点が起こってしまいます。等級が下がるということは、つまり次年度の保険料が高くなるということ。車両保険、使いたいけど使えないというジレンマが生まれるのはここなのです。他人に車を貸して車両保険を使わなければならなくなると、次年度は貸してしまった自分に跳ね返るというのもこの点。無事故無違反でせっかく1等級ずつ地道にあげてきたのに、車両保険を使ってしまうとあっという間に3等級下がりますから馬鹿になりません。使いたくても使えないなら、車両保険なんて要らない!という人が出てくるのも頷けるところです。

もちろん、1回使っただけで等級駄々下がりというのも納得いかないという方、1回に限り等級が下がらないという等級プロテクトというのもあります。しかし、これがまた保険料を上げてしまう原因にもなるのですが。

 

車両保険と免責金額

免責金額というのは、例えば10万円に設定しておくと、事故の際に車を修理代金が50万円かかったとしたら、自分は10万円払い、保険会社が40万円を負担するという仕組みです。免責金額を0円にしておくと全額出してもらえますが、保険料は高くなってしまいます。ある程度は自分、もしくは事故の相手から出たりするので、残りの部分をお願いね、という仕組みなのです。

 

車両保険の補償

車両保険に加入すれば、いかなる時も自分の車を守ってくれる・・・・とは限りません。補償が何に対応して、何に対応していないのか、知った上で加入することが必要でしょう。まず、車両保険には範囲について種類があるということを認識しておきます。そうでないと、要らない範囲に加入してしまって高い保険料になってしまったり、逆に対応していないところばかりで使えないと思うことになってしまうかも。

一般車両保険というのは、大部分を補償してくれる保険です。契約車両が衝突・物が落下してきた・飛来・盗難・いたずら・浸水・火災などが入ります。車庫入れ失敗して傷つけちゃったとか、当て逃げされてしまったなんていうのも入ります。ただし、地震や噴火・津波などには対応しません。

一方、エコノミーといわれる<車対車の事故による損害補償>というのもあります。車が大きく破損するのは、自然災害以外であれば、 車相手の事故が一番大きいからです。自損事故や、盗難・落書き・火災災害等や相手がわからない当て逃げは対応していないのですが、その分保険料が安くなります。

いや、しかし盗難などには対応してほしいな、という希望もあるでしょう。そこで、限定Aをエコノミーにプラスするということが多いですね。限定Aというのは、車両危険限定担保特約というのが正式名称ですが、AというのはアクシデントのAで、盗難や火災などのアクシデントに対応するという意味です。