人身傷害と搭乗者傷害

自動車保険の人間に対する補償では「対人保険」と「人身傷害保険」「搭乗者傷害保険」があります。このうち他人に対する保険が「対人保険」に対し、「人身傷害保険」「搭乗者傷害保険」は自分や自分の車に乗っている人が対象になります。つまり、自動車保険においてはまず他人への責任と補償の次には、自らへの補償もしておくということなのです。

 

自分の身は自分で確保

事故による自分の怪我は相手が保険で払ってくれるとは限りません。自分に過失が多ければ、相手に払うだけで自分の治療費は自分持ち。怪我のために治療通院、もしくは入院したりしなくてはならないかもしれません。更にその間の仕事は休まなければならないかもしれません。自分や同乗していた家族の治療費でお金が出て行くだけで、収入が激減してしまったら? 人身傷害と搭乗者傷害はそんな場合の、自分の身は自分で確保できるようにするという保険なのです。

 

人身傷害保険とは?

対人保険と違って、人身傷害保険は運転者本人と同乗者のためのものです。事故などにより死亡・後遺症・傷害の場合に保険金を受け取ることができます。注目点は車に乗っている時だけでなく、歩行中などに車の事故にあった時にも補償される点でしょう。また、相手のいない単独事故にも対応しています。治療費が出たりすると、怪我の状況によってはとても助かります。意外に知られていない点かもしれません。

相手が対人賠償保険に入っていれば、基本的には自分の治療費は補償されます。が、相手が任意保険に加入しているとは限らず、もしも自賠責保険以上の損害を被った場合には泣き寝入りになる可能性があります。

 

搭乗者傷害保険とは?

搭乗者傷害保険というと一見搭乗者のためだけの保険のように聞こえますが、運転者もちゃんと補償されます。過失に関係なく補償され、過失が無ければ保険請求しても等級が下がりません。加害者からの賠償金に関わらず、請求した時に比較的簡単に支払われるため、加入者としては助かる保険になります。

では、運転者にも同乗者にも支払われる保険としては、人身傷害保険と同じではないか?と思われるでしょう。確かに似ている保険ですね。違いは保険金の支払いについてです。人身傷害保険が実費の額が支払われるのに対して、搭乗者傷害保険は定額での支払いの契約になります。医療については、日数払いと部位症状別払いの2種類などがあって、自分や搭乗者の怪我の場所が分かっていれば分かりやすい保険といえます。

 

人身傷害と搭乗者傷害どちらに加入?

同じような機能を持つ保険であるならば、どちらか一方でよいのではないか。と思うのが支払う保険料を抑えたいユーザーの気持ちでしょう。一般的には実費をもらえる人身傷害保険を選びますが、これが支払われるまで時間がかかると大変なので、比較的早く支払われる搭乗者傷害をプラスすると完璧というところです。大怪我をしたけど保険料が入るまで病院へ行かない、というわけにはいきませんからね。人身傷害保険であると、休業損害も請求できるので、生活的にも心強いところです。