対人保険と対物保険

自動車保険で必須の対人保険と対物保険とはどういうものでしょうか。対人だったら自賠責で入っているし、要らないのでは?と思う方もいらっしゃるかも。各々どのように必要で、どのくらいの設定をしたら良いのかなど知っておきましょう。ちゃんと万が一に機能する保険にするために。

 

対人保険とは?

対人保険とは、文字通り人間に対する保険です。強制保険の自賠責保険はこれにあたりますが、3000万円が上限とあってとても足りる補償になりません。もちろん人の命は値段など付けられないものです。それでも3000万円ということはなく億単位になることが多いですね。そこで足りない分を補填するのが任意保険の対人保険です。

では、足りない分というと、どのくらいで設定すれば良いでしょうか? 事故の内容にもよるので、現実的には予測がつきにくいですね。しかし一生かかっても払いきれないものを背負うのは避けたいもの。そこで、補償の設定としては<無制限>がオススメです。保険料が高くなってしまうのでは?と心配する方もいらっしゃるでしょうが、ここは保険を現実的なものにする大きなポイントなのです。

 

対物保険とは?

対物保険というのは、事故で他人の物を壊してしまった場合の保険です。例えば民家に突っ込んでしまったとか、事故で他人の車を壊してしまったなどの場合に補償がつきます。金額的には300万~無制限というのが一般的ですが、無制限にしておくのがベストですね。というのは、ちょっとしたブロック塀を欠けた程度ならまだしも、今時は300万で弁償できない範囲が多くなってきたからです。多重衝突事故などの責任を問われたりすると、その多重の中に高級車でもいれば瞬く間に足りない補償になってしまいます。最近はニュースで踏切事故の報道が多いですが、その際の損害賠償などは大変なものです。「踏み切りで無理な運転や不注意なことはしない」と思っていても、人間何があるか分からないからこその保険といえるでしょう。

 

対人保険と対物保険の共通点

対人保険と対物保険の共通点、それは「他人のことは補償範囲だが、自分のことは補償外」ということです。つまり、他人への支払いのための保険なわけです。もちろん事故が起これば相手の車や人間だけが被害にあうだけでなく、自分や自分の車、自分の車に乗っている人も怪我をしたり破損したりします。が、自分については別保険に入らないと、治療費や車の修理代なども当座困ってしまうということになります。

対人保険と対物保険は無制限でつけることが基本的なところですが、これだけでは完全とはいえないともいえます。