最低限必要な補償内容は?

任意保険は色々な部分を広く網羅していて、あれもこれも付加すれば安心の保険になります。自分のニーズと万が一の出来事に全て合わせていくことも可能でしょう。ところが、それを完璧に追求してしまうと保険料が高くなってしまう一方です。どこかで妥協点を見いだすことが必要になってきますね。そこで、最低限必要な補償をおさえつつ、カーライフに支障をきたさずに保険料を抑える。ということが必要になってきます。

最低限必要な付けておくべき補償とは何でしょうか。その内容は?

 

対人・対物保険

基本的な「最低限必要」な補償は対人賠償と対物賠償です。対人賠償とは車で人に怪我をさせてしまった場合などに支払われます。対物賠償は車や家などをぶつけたりして壊してしまった場合に支払われます。この二つの補償設定のポイントは「無制限」にしておくところです。対人賠償は強制保険でも入っていますが、人を死亡させてしまった場合などはとても足りません。億という単位の賠償金が必要になってくることもあるからです。対物も壊す相手にもよりますが、事故の内容によっては億の単位です。本当に実用性のある安心な保険にしておくためには、この対人対物保険無制限は基本なのです。

 

人身傷害保険

人身傷害保険と聞くと「対人と違うのか?」と思う方もいらっしゃいます。こちらは人は人でも運転をしている本人や、同乗者に対する保険です。事故を起こした場合、確かに相手への補償は必要ですが、自分や同乗者も怪我をする確率は高いですね。救急などを使うような治療費になると高額になったりもしますし、その後仕事などにも影響があったりするでしょう。自分や一緒に乗る人の身や生活も考えておきましょう。

ちなみに、搭乗者傷害保険というものもあります。似たような保険ですが、通院日数や症状に応じて段階的に支払われます。保険料を安くという点では、人身傷害保険があれば最低限良いでしょう。

 

車両保険

車は大切、という方には必須の保険が車両保険です。ぶつけても自分の車なら凹んでいても平気で乗れてしまうという方には、保険料を安くする点でいえばあまり要らないかもしれません。タイプとしては単独事故から他人の車と衝突したなどの時に網羅してくれる一般的なものと、他人の車との衝突時のみのエコノミー型があります。バックをしていたら後ろをぶつけてしまったなんていう単独事故よりも、他の車との衝突の方が車のダメージが大きいので、車両保険を抑えて加入するなら衝突のみという感じでしょう。

ここに「こんな場合にもあんな場合にも補償される」という設定を盛り込んでしまうと、保険料はぐっと高くなってしまいます。

 

弁護士費用など特約は?

任意保険で人気の特約はもしもの場合きっと便利だったり安心だったりするでしょう。しかし、付けてしまうと保険料にしっかり反映されてしまいます。例えば弁護士費用などは、事故後にショックな状態の自分に変わって相手と交渉してくれますが、必ず必要なものでもありませんね。