他人の車を運転するときの保険上注意

自分は車を持っていないけれど、友人の車を借りて行動するというシチュエーションもあると思います。近くにレンタカーなどがないとありがちですね。また、自分が友人に貸すという場合もあります。でも、車は基本的に持ち主にとって大切なものですし、安くないものです。万が一事故で破損したりすると、修理費用や乗れない期間の代車代が発生します。もっと最悪なのは、人身事故を起こしてしまった場合でしょう。車を借りた相手の保険を使うと、次年度の保険料の負担が相手の肩にどっとかかります。

では、具体的に他人の車を運転するときの<保険上>の注意とは、どんなことでしょうか。

 

貸す方の自動車保険の設定は?

まず大切なのは、車の所有者の自動車保険の状態です。任意保険に加入していない場合はもちろんですが、加入している場合は補償が友人や知人などの貸す相手が運転者でも補償がないと困ります。車が破損しても、万一人身事故になっても、最初から最後まで補償無しで対応しなくてはいけません。

任意保険には「運転者の範囲」というものがあって、運転者を限定することで保険料を安くすることができます。例えば年齢や家族限定、夫婦限定などがあります。別居していても子供なら適用するものもあります。が、友人知人はこれに当てはまらないので、任意保険を安くしようと限定設定をしている場合は、貸した相手に何か合った場合には全く機能しないということを覚えておきましょう。なお、自動車保険の年齢条件は、保険会社によって違う場合があります。自分の加入している保険を見なおしておきましょう。

 

友人・知人は自動車保険に加入している?

車の持ち主の保険が友人・知人に使えない場合は、借りる相手が自動車保険に加入しているかを確認する必要があります。車を持っていない場合は、ドライバー保険などに加入します。車の持ち主はそれをきちんと確認したほうが良いですね。車を壊してしまった、でも直せる資金は全く無いでは貸す人にとって泣き寝入りです

車を借りる立場になったとしても、ドライバー保険に加入したよということをきちんと伝えておくと、友人や知人ともその後の関係が万が一の事故でおかしくなることも少ないでしょう。「貸す側が保険に加入しているから大丈夫」といっても、事故などが起こって保険を使用した場合は次年度の等級が下がる事になります。等級が下がると、保険料が高くなってしまいます。車の持ち主が自分の保険を使用するのを嫌がるのはこの点なのです。

 

ドライバー保険の盲点

「ドライバー保険に入っているから大丈夫」ということで友人・知人に車を貸した場合。実はドライバー保険は最初から全てが網羅されているものではなく、単独事故の車の修理費などは含まれていないなど、車両保険が別になっていることが多いです。いざ保険を使おうとしたら、肝心の車の修理費が出ないでは仕方ありませんね。ドライバー保険に加入したとなったら、相手の契約の内容を確認しておく必要があります。また「自賠責保険に入っているから大丈夫でしょ?」という方もいます。確かに最低限の人身傷害などは対応ができますが、車両や周囲の物損事故については補償がありません。

貸す方も借りる方も、お互い内容を確認して、納得してから乗車しましょう。

 

車を貸し借りする場合のその他のリスク

貸した車(借りた車)で事故を起こしてしまった場合、自動車損害賠償保障法第3条で、車の所有者にも賠償責任が生じる場合があります。車を借りた方が駐車違反をした場合は、貸した肩に支払い督促状がくる場合があります。

金銭的なトラブルは仲の良い友人知人であっても亀裂が生じる場合があります。やむを得ない場合を除き、レンタカーやカーシェアリングをオススメしましょう。77