全労済や生協の評判と口コミ

損害保険会社の自動車保険の他に、共済組合の自動車保険もあります。「どちらも同じ自動車の保険ではないのか?」と思いきや、そもそもの組織が違うために少々仕組みが違います。そのため保険料などの金額面やサービスも違ってきます。生協などで食品などの宅配を頼んでいらっしゃる方は、その方面からも共済の保険を目にすることがあるでしょう。共同組合なので「保険」という言葉は使われず「共済」という表現になりますが、自動車保険であることに変わりはありません。

さて、保険会社とは違う全労済とは? どのような仕組みなのでしょうか?

保険料比較 参考ページ:
マイカー共済(自動車共済)の保険料は安いのか?・・・全労済・JA共済の保険料を比較

 

全労済とは?

全労済とは「全国労働者共済生活共同組合連合会」といって生協法に基づいて厚生労働省認可を受けた共済事業の共同組合です。損害保険会社は株主に対しても営利を追及する会社であるのに対して、生協は営利を目的とせず共済事業を通して組合員やその家族への助け合いとなっています。

協同組合の組合員になり、出資金を出して利用します。みんなで出し合い、みんなで利用していくのです。

 

全労済の自動車保険「マイカー共済」

全労済の自動車保険は「マイカー共済」です。通常の損害保険会社の商品のように対人・対物賠償や人身傷害補償があります。四輪自動車契約で人身傷害補償・車両損害補償を付帯していればロードサービスも受けることができます。基本補償にプラスして、車両損害補償もあります。一般補償ですが、自己負担額をゼロにできる損害保険会社のものと違い自己負担額10万円が自動付帯されます。他には他人の車を借りて運転中に事故を起こしたときのための「他車運転危険補償」や保険がない車との事故での「無共済車障害」が無制限でついています。

全労済でも特約や割引があります。特約については内容の説明はもちろん、月払い掛金と年払掛金の金額とが明記してあって算定がしやすく選びやすいでしょう。年払掛金だと、自転車賠償責任補償特約が1160円、マイバイク特約が4610円、交通事故危険補償特約(電車や飛行機に乗っている時や道路通行中の落下物による怪我など自動車事故以外の事故により損害を受けた場合の補償)では4430円、弁護士費用等補償特約は1930円になります。搭乗者傷害特約は、人身傷害補償を付帯しない場合は自動付帯となる特約になります。

割引については、無事故割引等級の割引があります。年齢で割引率が変わる運転者年齢条件での割引きもあります。運転する人を家族限定にすることで5%割引になる運転者家族限定特約もあります。損害保険会社ではほとんど見かけなくなった「子ども特約」もあります。子供の専用の年齢条件を設定できるものです。新車割引やハイブリッド車割引もあります。損害保険会社では付いていて当然というスタンスなABSも、イモビライザーも全労済ならABS装着車割引や盗難防止装置装備車割引として5%も割引があります。他に福祉車両割引もあります。他には損害保険会社の商品でもおなじみの複数契約割引やセカンドカー割引もありますね。

 

全労済の事故対応

全労済の事故対応は損保会社に負けず劣らずの24時間365日受付。事故後すぐにといかなくても、24時間以内に要連絡になります。現場急行サービスも24時間365日。委託業者が現場へ駆けつけて事故状況などを聞いてサポートされます。原則としては対応員の出動拠点から事故現場まで30分程度で到着できる場所です。そうでない場合は、電話での説明やアドバイスになりますね。大切な事故初期対応も土日祝日でも19時まで連絡があれば9時から21時までサポートしてくれます。初期対応とは、人身事故や要緊急の場合に代車手配や病院への連絡、相手方への対応などです。示談交渉は最寄のマイカー共済の損調サービスセンターの担当者が受けます。全国78ヵ所の損調サービスセンター・サービスオフィスに約850名の専門スタッフを配置しています。

 

全労済とJA

JA(農協)と全労済では似ているようで違います。JAは組合員でなくても員外利用という枠で利用が可能ですが、全労済の場合は組合員になることが必須です。組合員になるためには出資金が必要ですが、これは1,000円以上ということですし、出資金はこの1回だけとあって大きな負担にはならないでしょう。また、全労済を辞める場合は出資金は返還される仕組みになっています。

 

全労済の口コミ

一般的な損害保険会社の自動車保険よりも汎用性が高く掛金(保険料)も割安感があります。中間コストを削除したダイレクト型よりは高い傾向にあります。補償内容の面では民間損害保険会社に劣る事はなく、ロードサービスも人身傷害補償や車両損害補償をつけていれば利用できるので問題ないでしょう。ロードサービスの内容も遜色ありません。特約については、それほど多くはありませんが、最低限は網羅しています。子ども特約などはほとんどの損害保険会社が廃止している中で、貴重ともいえるでしょう。契約時には満足いくものだという口コミが多いです。

口コミでのマイナス面は、まずは拠点の少なさです。民間会社と比べるとどうしても少なさが目立ちます。が、一番のマイナスの口コミが担当者の対応ということ。電話での応対や連絡の遅さ、担当者が頼りないという口コミも。口コミのプラスマイナスも担当者レベルのものでマイナスが多くなってしまっています。事故対応専任スタッフをおいていないというところからくるのでしょうか。

保険料比較 参考ページ:
マイカー共済(自動車共済)の保険料は安いのか?・・・全労済・JA共済の保険料を比較