ロードサービス付が便利

自動車保険の任意保険は、ただ単に自賠責保険の補償の足りない部分を補うだけではありません。もっとドライバーの身になったオプションが保険会社各社用意しています。そのうちの一つが『ロードサービス』です。普通に車を運転している分には感じませんが、一度トラブルが起こると、それが些細なことでも車に関しては重大な事態に。「JAFを呼べば?」といっても料金が不安なことも。そこで、任意保険の人気の一つ、オプションにロードサービスがあるのです。

 

ロードサービスとは?

ロードサービスの元祖といったらJAF。しかしJAFは会員になっていない場合、料金が高いということで呼ぶのは勇気が要りました。特にちょっとした不注意のためのトラブルなどは、車が動かせない事態になっていても「この不注意でウン万円」と思うと呼べないものです。でもやっぱり車のトラブルには欠かせないロードサービスの自動車保険会社としての内容とは?

自動車保険会社のロードサービスを大きく分類すると、車両トラブル対応、レッカーサービス、宿泊帰宅費用サービスなどです。車両トラブル対応というのは、例えばバッテリー上がりやキーの閉じ込み、パンクのタイヤ交換や落輪の引き上げ。ガス欠の時にガソリン補給まで出動してくれます。レッカーサービスは、その場で応急処置ではどうにもならない場合などのレッカー使用です。宿泊帰宅費用サービスも、昔は考えもしないトラブルに対する用意ですが、現実的に足である車がレッカーで移動されてしまったら、遠出の場合は急な宿泊が必要になりますし、代わりの帰宅費用だって馬鹿になりません。保険会社によって網羅する範囲や限度は違いますが、大抵がある一定条件で無料のサービスを提示しています。任意保険に加入する際には、どんなロードサービスをしていて、トラブル時にはどこへ連絡したらよいのかなどを聞いておきましょう。

 

JAFと保険会社のロードサービス

JAFのロードサービスくらいしかなかった昔に比べ、保険会社のオプションで無料で使用できるロードサービス。しかし保険会社のロードサービスも限度は範囲が限られています。JAFの料金とサービス条件と、保険会社がどのくらいの限度を設けているのかで比較してみましょう。

例にレッカーサービスを比較してみましょう。JAFでは「一般道での事故車けん引」として、条件は昼間(8時から20時)、会員の場合は基本料・作業料・15kmまでが無料となります。非会員の場合は、基本料8230円+作業料4650円(4輪吊り上げ作業は9300円)に、けん引料は1km毎に720円になります。15kmお願いした場合は、10800円になります。それに比べて、レッカーサービスではダントツの距離を提示しているチューリッヒ保険では、レッカー距離100kmまで無料です。さらに、距離の指定なく保険会社指定修理工場へレッカーしてくれます。万単位で出費が違いますね。他の保険会社での大抵が30~50kmまで無料で、保険会社指定工場までは無料無制限を提示するところがほとんどです。

もちろん、保険会社が直にロードサービスをしているわけでなく、保険会社と提携しているところが出動します。

 

意外とやっちゃうポカミスとロードサービス

純粋に車の故障でロードサービスを呼ぶというよりは、人為的なところが大きいでしょう。どんな些細なミスであっても、車が動かなければ重大な危機です。バッテリー上がりなどは、周囲の人に助けを求められる環境にいればOKですが、それが不可能だった場合はガソリンは沢山入っていてもただの動かない箱に車は化してしまいます。エンジンを掛けられる車のバッテリーとケーブルが必要なのです。鍵の綴じ込みも困りますね。小さい子供を乗せている方は要注意なことです。タイヤ交換ができない人が多いといわれていますが、タイヤがパンクしても駆けつけてくれるロードサービスは本当に助かります。

どんなミスでも車が動かせず、1人でどうにもならない時にはやっぱりロードサービス。女性は夜間などは暗い中作業する事も不安だと思うので、ぜひ内容を検討してみたいものです。